〜〜〜コメント、トラックバックは各ページの最後にありますので宜しくお願いしますペン〜〜〜

2009年04月14日

父の旅立ち

3月16日、父の四十九日の法要を無事済ませました。
まだ、お骨も部屋にあり、木のご位牌のままですが、素晴らしい戒名も授かり父は天国へと旅立ちました。

私は「父不孝」を終えたくありませんでしたが、本人が旅立った以上、もう続けられませんね(^^;

代わりにこれからは、生前父が最も気にしていた母のために精一杯尽くそうと思います。

ブログ「母不孝」ですかね??笑。

母は今週から私のところに気分転換しにきてます。

**************************

「父不孝」をお読み頂いた方々、父の回復を願って頂きましたこと、誠にありがとうございました。
皆の思いが、余命3ヶ月だった父を2年も生きさせてくれたのだと思います!

父の笑顔、私に似てるそうです。

もう笑ってるよね?親父!

幸せだったよね?親父!!

さようならは言わないよ。

祈り。。母と共に・・・・・・
posted by タケちゃんねる2 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

父孝行できましたか?・・・

父がこの世に居なくなってしまってから10日以上経ちますが、全くまだ信じられません。

うっかりすると、またもう一枚、岩盤浴マットを注文してしまいそうになります(−−;

1月17日、父が最後にレントゲン写真撮ったのをアップしました・・・上の写真が昨年の10月に撮ったもの、下のが今回のです。医者は腫瘍の大きさも影も小さくなってるのでは?と父に言ったので、父はとても喜んでいました。

同じ日に血液検査した結果は下記です。

総淡白 6.3
尿素窒素 72
クレアチニン 3.36
尿酸 10
GOT 22
GPT 12
ALP 378
LDH 205
CK 35
NA 142
K 4.1
CL 103
アルブミン 3.1
CRP定量 6.74
白血球数 6.3
赤血球数 2.25
血色素量 7.4
ヘマトクリット値 22.6
血小板数 14.5
MCV 100
MCH 32.9
MCHC 32.7

改めてデータ見ると、クレアチニンは相変わらず高いので腎不全の危険はありますが、食事療法によるカリウム、ナトリウムのバランスは良いし、ヘマトクリット値下がってないので、貧血は改善されてるみたいです。ただ、尿酸値は高くなってるから痛風で歩くの辛かったんじゃないかな?・・・やはり、車椅子で楽に移動させてあげれば良かったね、、ごめんね(TT; 

医者でもないのに、癌をなんとか治療しようと努力してた私の事を親孝行だと言ってくれた方がいますが、、ありがとうございます。

でも、やっぱり、私は最後まで父不孝でした・・・父に、癌を治すと約束したのにねm(--)m

母のためにも、もっと長生きさせてあげたかった。

大好きな母を天国から見守ってあげてください、、祈り。。
posted by タケちゃんねる2 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

父は癌をついに克服しました!でも・・・

平成21年1月27日午後2時半頃、父は近くのスーパーで倒れて救急車で運ばれ病院で息を引き取りました。享年78歳でした。

去年の夏以降このブログはもう書くつもりはなくなってました。何故なら父の肺癌の進行が止まらず、輸血しても変わらなくなってきて見るのも辛かったからです。

でも、10月から異変が起きました。父に玉川温泉と同じ効果のある岩盤シートを買って敷布団に使ったところ、10月のレントゲン写真と今年1月に撮った写真では肺癌の大きさが変わらず、医師が言うには周りの影は明らかに小さくなってました。これは何を意味するのか?!・・・そうです、父はついに肺癌を克服したのです!

私は、もう一枚掛け布団に入れる岩盤浴マット(ラジウムシーツ)を買おうとしていた矢先、父は母と病院帰りにたこ焼きを食べたいと言って寄ったスーパーでたこ焼きを一個食べた直後に倒れました。母の話だと、もう帰ろうと言って歩き出したとたん、足の力が抜けて二度程倒れたそうです。。

父は全く苦しまずに逝きました。死に顔はまさに寝てるかのようで安らかでした。おそらく、脳溢血直後に心筋梗塞が起こりあっという間に亡くなったのでしょう。あんなに苦しむのが嫌だった父の願いがきっと通じた死に様だったと思います。

父は余命3ヶ月と言われてからほぼ2年を生ききりました。
大好きな母に看取られて、羨ましいくらい幸せだったと思います。

現代医学が忘れてしまった食事療法と低放射線療法?・・・本当に父に効いたのか?・・・それよりも、父の生きようとする意志、母の生かそうとする思いが、ここまで生きながらえさせたのでしょうが、、
私は信じます!
人の身体はバランスを取り戻せば生まれ変わると・・・父の白髪は黒くフサフサになりつつあり、肌もツヤツヤでした。だから、やっぱり父は肺癌を克服したのです!死亡診断書に書かれた死因は肺癌でしたが、それは、レントゲンとっても肺の異常も見られず、原因が特定できなかったから間違ってます。

父は私に奇跡を信じさせてくれました。

しかし、それは奇跡ではなく、努力の帰結なのです。

皆様とともに努力できた事に感謝致します!祈り・・・

posted by タケちゃんねる2 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

父の笑顔久々見ました

父の弟である叔父さん夫婦が先週お見舞いに来てくれました(^^)。
私の妹も息子も居て賑やかな日でした。

皆で寿司を食べましたが、父は醤油もあまり浸けずパクパクと食欲旺盛です!
その上、輸血したせいか、私より血色が良いのでびっくりです、笑。
何にしても、叔父さんの元気な話に始終笑顔の父を久々見れたので嬉しかったです。
いつか、叔父さんの住む父の故郷に私と息子が交互に運転して連れて行ってあげたいな〜。

叔父さんが帰った後、母が私に『今日は本当にありがとうね』と言ってくれました。
一番嬉しかったのは、無邪気な父の笑顔を見れた母でしょう。。

明後日は父の通院の日です。私もまた一緒に行きます。
どうか、ヘモグロビン値が下がってませんように・・・祈り。
posted by タケちゃんねる2 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

輸血は良かったようです(^^)v

結局父をGWに遠方の私の家に連れて来ることは止めました。少し喀血もありましたので・・・喀血の方は輸血すると多くなること呼吸器の先生から聞いてましたので心配ないのですが、母も自分から遠出は止めると言って来ました。私は看病疲れの母だけでもどこかに連れて行きたかったですが、母は父と離れて楽しむことは望まないようです。ホント、羨ましいくらいのオシドリ夫婦です(^^;

輸血は、人に依っては細くなった血管が詰まり、かえって病状が悪化することもあるそうですが、父は幸いそんなこともなく輸血してすぐは血液が馴染む??まで暑がってましたが今は至って元気なようです。

私はGWは両親のところへ行かず気分転換することにしましたm(−−)m
でも、来週は父の弟夫婦が遠方から両親に会いに来てくれるので私も仕事の都合付けて行くつもりです。私の叔父さんも気胸や脳の大手術をしたりして一時期大変だったようですが、今は毎日1500mもプールで泳いでる(とても70歳半ばとは思えません!笑)そうなので父をきっと励ましてくれることでしょう。昔のように皆一緒に会えること楽しみにしてます。

今、父と久々電話で話しました。私が『元気になったんだってー?』と聞くと『元気じゃないよー』と大きな声で言ってました。やはり元気なようで安心しました、笑。

posted by タケちゃんねる2 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

GW

GW最初の温泉旅行は行けませんでした(TT;
父は木曜に右肺の痛みを訴え急遽病院へ行きましたが、何でもなかったようでホッとしました。
でも、母は心配になって母の妹の企画した温泉旅行をキャンセルしました。
残念ですが、仕方ないです。。
母はGWのどこかで私の住まいに父と来たいようです。
私の住まいは箱根に近いので日帰り温泉にでも連れて行こうと思います。
今年のGWは飛び石連休ですね(^^;
一日おきに仕事あるので3日に車で迎えに行くつもりです。
まあ、父の体調次第ですが、今はとても元気だと言うので会うのが楽しみです。
posted by タケちゃんねる2 at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

輸血しました

8日、重粒子線治療を受けるため父を国立病院に連れて行きました。結果は治療適用外でした。理由は、癌組織を病理診断(組織を採って免疫染色する確定診断)してないこと、骨転移の可能性があること、決定的なのは肺に胸水が溜まっていて癌部位が浮いた状態になるため固定できず重粒子線を照射するのが困難とのことです。。先生が駄目な理由を父に説明したとき、昨年の夏に癌センターで父に辛い思いをさせてしまったのを思い出し、本当に申し訳なく思いました。あの時、もう父にこんな嫌な思いはさせたくないと思ったのに・・・ごめんなさい。

12日は呼吸器と循環器の主治医の診察日でした。私はいつものように立ち会いました。主治医さん達に、重粒子線治療ができなかったことを伝え、輸血の有効性を再び尋ねました。母と相談し、少しでも父が元気になることを望んだからです。父は乗り気ではないですが・・・呼吸器の先生は癌に有効ではないが一度やってもいいとのことでした。血圧が上がるので血痰が増えて窒息しないよう気をつけるよう言われました。循環器の先生は元々輸血を勧めてましたので、先生が父にやってみるか再度尋ねたところ
父は意外に素直に輸血することを望みました。

輸血は14日入院し2日間でゆっくりしたそうです。15日に父は退院し、先週は食欲が増してとにかく良く眠るそうです。アレルギー反応で疲れてしまうことも心配しましたが、そのようなことでもないようなので安心しました。

父は輸血したために元気を取り戻したようです。26日に私は父と母を連れて温泉に連れて行きます。この小旅行は以前から母の妹が宿をとってくれて母が大変楽しみにしてるものでした。輸血する前は無理だろうと思ってましたが・・・車に布団を積んで父を疲れないようしていきます。

癌の人は、元気な人と食事することも嫌になる・・・疲れたり、痛かったりしたら誰でもそうですよね。
でも、私も母も精いっぱい父に尽くし、父が少しでも楽しく思えたらと思います。

母も何も言いませんが、これが最後の旅行と覚悟してると思います(TT;

父は前に岩盤浴連れて行く時、嫌だけど柿ピー食べれたら行くなんて子供みたいなこと言ってました、笑。今度はなんて言うのかな〜?・・・楽しみにしてます(^^;
posted by タケちゃんねる2 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

桜は散っても・・・

寒さ厳しい冬も去り桜が咲く季節になりましたが、父は母と共に元気に過ごしています。

2月2日、3月1日と検査で病院へ行きました。

            2/2       3/1
総蛋白        6.3       6.4
アルブミン      3.4       3.5
尿素窒素       42        43
クレアチニン     2.61      2.23
総ビリルビン     0.3       0.3
AST(GOT)      14        15
ALT(GPT)       9        10
LDH         151       153
CK           23        24
AMY         112       121
Na          135       141
K            4.3       4.3
Cl           100       104
血糖         170       173
白血球数       6.6       6.6
赤血球数      2.36      2.51
血色素量      8.0       8.3
ヘマクリット値   24.8      26.3
MCV        105       105
MCH        33.9       33.1
MCHC       32.3       31.6
血小板数      12.5       12.6

血液検査の結果は悪くなってはないようです。でも、すぐ横になりたがり、毎回診察の後は美味しいもの食べれる代わりに岩盤浴に連れて行きますが、かなり疲れるようです。ヘモグロビンは多少増えてるようにも見えますが、やはり輸血した方が楽になると思います。最近は昔と違い輸血による感染も殆どないので父に勧めてみます(^^;

3/1に肺のレントゲン撮りましたが、また少し腫瘍は大きくなってるようです。肋骨あたりに影も見られ骨転移かもしれません(−−; すぐ後ろにある大動脈と癒着してるのかどうかはわかりませんが、時限爆弾抱えているのは変わらないですね。破裂したら助かりません・・・

ところで、この前たまたま癌治療する装置を開発しているメーカーの方と知り合いになりました。癌に陽子線や重粒子線を当てて消失させる方法があるそうです。これは放射線とは違い、熱を発生させることなく癌遺伝子を叩くので解離した動脈が近くて危険な父にも有効じゃないかと調べてみたところ、父の住まいの近くに国立の機関病院があることを発見しました。それで、8日に行くことになりました。まずは適用してもらえるかどうかですが、転移がないとかいろいろ条件があり難しいようです。しかも、治験的なテスト照射を受けれれば無料ですが、あとは有料でウン百万円かかるそうです(**) 

私は家のローンも未だにウン千万あり、とても裕福とは言えませんが、父は母のために長生きしようとし母は父のために頑張っているので、そんな両親になんとか報いたいです。

父は意識障害のとき、神経内科の先生に文字を書くよう言われて無意識でも書いた言葉が『ありがとう』だったそうです。私は父に今、少しでも親孝行出来てありがとう!と言いたいです。。

8日は桜は散っても良い結果が出ますように、、祈り。

posted by タケちゃんねる2 at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

無事年越しました!

ご心配おかけしました〜m(--)m

父は元気に新年を迎えました!

正月早々ギックリ腰で病院へ運ばれましたが、大丈夫です(^^)

下記最近の検査結果です。

         8日    19日
総蛋白     6.8
尿素窒素   56    51
クレアチニン    3.10     2.93
総ビリルビン  0.3   
GOT     19    21
GPT     15    20
CK       41        33
Na      135     137
K      5.3    4.8
Cl      100    102
CRP      4.05    1.56
白血球数   8.3    6.0
赤血球数   2.35   2.41
血色素数   8.0    8.2
ヘマトクリット値   24.5   25.3
血小板数   18.6   18.7
MCV      104    105
MCH      34    34
MCHC      32.7   32.4

血痰も出でないし小康状態でしょうか。。

19日の病院の後、久しぶりに岩盤浴へ両親と行きました。
母は癌治療と腰の養生のため嫌がる父を説得したようです(^^;
私は父の世話で大変でしたが、その後調子が良いようなので良かったです、笑。

posted by タケちゃんねる2 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

頑張って年越し!

師走です。早いもので父は2月に余命3か月と言われながらもう10か月生きてます!
体力もだいぶ回復してきて癌はなくなってしまったかと・・・そう思いたいのですが。。


1日朝また主治医の診察を受けるため車で父母を病院へ連れて行きました。
診察前にいつものように血液検査を受け、今回は肺のレントゲンと造影剤使用した脳MRI検査をしました。

最初に呼吸器内科の診察でしたが、肺の影は5mm程度大きくなってるとのことでした。。
先生にダメ元で、肝臓癌のようにエタノール注入による肺がんの壊死は可能か?聞いてみましたが、
やはり喀血必至で無理とのことでした。
呼吸器内科の打つ手はないので次回診察も来年2月になりました。

循環器内科の先生は、脳造影MRIの結果は小さな腫瘍(転移)は見られないとのことでした。
意識障害の原因は癌ではないとの診断でしたが、呼吸器内科の先生はやはり癌による譫妄?ではないかったか?とのことでしたから、
医者によっても意見が分かれ、今更ながら癌についてはわからない事が多いのでしょう。
カリウムKは4.3と低くなり、アーガメイドゼリーはやはり2個が適当なようです。ナトリウムNaは141まで上がりました。
最近減塩醤油も使いだし塩分を少し取るようにしたからでしょう。ただ、血色素量は7.4で相変わらず低いです。
鉄剤の投与が功を奏してるかは、網状赤血球が増えたか?見る必要があるのかな??
輸血については先生と相談するのを忘れました。まあ、父は嫌がってるのでもう少し様子見てからとも思います。

帰りはまた、いつものドライブインで食事をしました。
父は海老と牡蠣のフライを注文しました。
普段外食してないので私が来た時は楽しみなようです。
タンパク質40g、塩分5g守って元気になるなら・・・まあ、いいか。

3日は鉄剤のフェジン2A(80mg)を一日おきに点滴してた近くの病院へ一緒に行きました。
本当は大学病院の脳神経内科の診察予約日でしたが、意識障害でてないのでキャンセルしました。
金曜日の血液検査の網状赤血球の結果が出てました。網状赤血球の数は先月の19日の2.5%と殆ど同じ2.6%でした。
次回はフェジン点滴の間を空けて検査し網状赤血球の数が減らないか見るそうです。
これでまた減るようだとやはり輸血は必要かも?です。

父はフェジンの点滴中、母が紅葉見に行くついでに岩盤浴行こうと誘うのを聞いて、
「嫌だ!!どこにも行きたくない、すぐ帰る!」と最近出だした大きな声で断りました。
岩盤浴はしんどいのと、以前なった痛風の痛みが脳裏をよぎったのでしょう。
母は諦めきれないようでしたが、父と二人になったとき、父は私に今日はどこに食べに行くのか?こっそり聞きました。
私はすぐ帰りたいのだから帰ってから母の手料理食べなさい!と言ったらがっかりしてるようでした、笑。


父は最近便秘がちになったそうです。鉄剤を取ると便秘になり易いようですが、動物性蛋白質も少し取るようになったからかな??(−−;
コーヒー浣腸をしましたが、それでもすぐに出なくて、風呂に入ったらもよおしてしまい大変なことになりました(><)
母は大騒ぎですが、まあ、どこでも○○○出て良かったかな(^^;
医者に便秘薬貰ってなかったので買ってきて母に渡しときました。

父の肺がん、なんとかなくならないかな?・・・
やはり、手術など治療できる人は治る可能性が高いと思います。。
癌は栄養過多の時代が作った現代病だと思います。
だから、ゲルソン癌食事療法でやっつけたいと思いましたが、
また意識障害になるのは恐いし、、
 
私はこうして癌を治した!という人たちのデータを集めて医学に生かせないのですかね?!
多分、何世紀か後には不治の病ではなくもっと有効な治療方法が出てくるのでしょう。
緩和医療も、代替療法も、今は効くのかどうかわからないけど信じてやるしか道はないのでしょうね。。

 今年の大晦日の晩、父が元気に年越しそば食べながら正月を迎える。
 そんな小さな幸せが大切な目標の一つです・・・祈り。。
 

ラベル:年越し 健康
posted by タケちゃんねる2 at 19:16| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。