〜〜〜コメント、トラックバックは各ページの最後にありますので宜しくお願いしますペン〜〜〜

2007年11月14日

意識障害の原因はいったい・・・??

12日朝6時頃父はようやく眠りに付いたそうです。そして7時半には起きました。そのとき意識は正常に戻ってました!たった1時間半眠っただけで、40時間も眠ってなかったのに元に戻った!!

今日は大学病院の神経内科へ連れていきますが、とにかく連れて行く時間まで出来るだけ父を眠らせることにしました。私は金曜に撮ったMRI画像を借りに病院へ一人向かいましたが、紹介状を貰わないと画像を借りれないとのことなので紹介状を貰ってる時間がないので画像を5千円で買いました。

急いで家に戻り両親を車に乗せて大学病院へ向かいました。父は意識は正常には戻っているものの足がふらつくので車椅子で院内を移動しました。神経内科は予約制で、また紹介状も貰わなかったので最初は受け付けてもらえませんでしたが、いつ意識障害になるかわからない、主治医の病院には神経内科が無い等の事情を説明しなんとか午後からの受診の許可を得ました。

午後の受信時間まで1時間半程ありましたので、母が前から言ってた自然食のレストランへ行くことにしました。久々の外食で父より母がはしゃいでました(^^;注文したのは3人とも同じ豆腐のハンバーグと野菜の煮物などの定食でかなり薄味でしたが、無塩食事しか食べてなかった父は美味しそうに食べてました。

神経内科の先生の診察は丁寧でした。手、指、目の動作や記憶、計算をやりましたが、今の父にはかなり難しいようで、そろばんの達人だった父が引き算を足してしまったりして驚きましたが、意識障害的な所見は見られなかったようです。MRIの診断結果も特に異常は見られず、脳梗塞の痕も画像に見られない、さらに肺がんの転移での意識障害ならば造影なしのMRIでもわかるはずとのことで、とりあえず安心しました。残る意識障害の原因は代謝異常または脳炎(傍腫瘍含む)とのことです。代謝異常についてはNaが122まで下がってたので、ナトリウムとブドウ糖の点滴をしてもらいました。カリウムも6.4あり高いので今日は帰ってからアーガメイドゼリーを2個食べるよう言われました。脳炎については先週半ばに熱が出た日もあったので細菌性も疑われますが、原因であるかどうかはわかりません。

点滴までしたので診察終わったのが夕方5時過ぎてましたので、帰りも外食することにしました。父の好きな大トロ食べに産地直送回転寿司へ行きました。父は醤油も付けずに大トロやボタン海老をほおばってました(^^;・・・もはやゲルソン癌食事療法やってるなんて言えないかも?ですが、今日に限っては、体力回復と、意識があるうちに美味しいもの食べさせてあげたかったです。。

この日の夜はぐっすり眠る父を見ることが出来ました。母も父の傍らでぐっすりです、笑。

13日は12時に海馬のソフト解析結果を聞きに脳外科へ行く予定でしたが、昨日の神経内科からの診断書が内科主治医宛てに出されていたので循環器内科も受診するため、早めに出ました。父は朝から異常もなく昨日とは打って変わってしっかり歩き出しました。私は昨日の神経内科の先生から代謝異常を直さないと治療を進められないこと聞いていたので、今日の主治医の判断で入院加療もしくは食事療法の中止を言われることを覚悟しましたが、主治医はアーガメイドゼリーを朝、夕食べてゲルソン癌食事療法(減塩にしての修正版ですが・・・)続けることに同意してくれました。父にも予め確認しましたが、父は母と私の決めた事に従うそうです。母はきっぱり続けると言います。私も父のがんの進行を少しでも遅らす希望を持ちたい。。食事制限を少し緩くし、もっと検査データをシビアに管理しながらやればなんとかなる!と、、思います。
海馬の診断結果は、海馬傍回の委縮がかなり見られる程度2〜3に入る2.91という数値でした。思ったより認知症は進んでるようです(−−;実際、脳外科の先生は意識障害の原因として有力なので精神科の受診を勧めました。

精神科・・・最近、物忘れ外来とか認知症も多く扱ってますが、やはり抵抗があります。父は嫌そうでした。。

両親を車に乗せて駐車場で紹介された精神科のある病院へ電話したところ、どこも予約制で来年とか言われ諦めて帰ろうとしたところ、父がいきなり「また、頭おかしくなったと思われたくないから言いたくないけど、、逆になってる。」と!!!
私は一瞬頭が混乱しました。。まだ、病院出てないので戻って点滴打たせようか?でもここは神経内科も精神科もないから・・・どうしよう(**)
やはり、精神科を探すことにしました。大学病院にも電話しましたが、すぐの診察はやはり無理と断られ、、紹介された病院は全滅です(TT)仕方なく住まいの近くにまだ他にないものか聞いてみましたところ、すぐ近くのこの前母が連れていった病院に神経内科だけでなく物忘れ外来もあるそうです。早速電話したところ、今日は先生が不在で無理とのことでした。。
私が車内で電話している間父は寝てしまったようでした。そして私が途方にくれていると父は突然目覚めて「治った!」と私に言いました!! 私はすぐに家の近くの物忘れ外来の病院に再度電話しました。病院の看護師が言うには父が意識障害のあった日に診察した神経内科の先生が明後日の木曜日に来るためその先生に再診されることを勧められ、その日に物忘れ外来の予約も取れるそうなので、そのようにしました。ホッとしました。。

帰りは母もくたびれてたのでまた外食しました。うどんです。母は父につけ麺のタレを倍希釈して食べさせてました。私はそばを食べてなんだか腹が膨れてしまいました。突然、母が「アワビ食べたい!食べさせたい!」と言い出しました。天ぷら?→油がダメです! 踊り食い?→焦げたらダメ! 刺身なら、ちょっとなら、、と注文しました。父は結局、「生臭いから食べない!」だって、、母が殆ど食べてました、笑。

家に帰ってから妹に経過を報告しました。妹は4日に来た時父が食事制限してるのを見かねてクリームパンを食べさせたそうです(**)
私は冗談でそのせいでおかしくなったと言ったら妹は本気で怒ってました、笑。でも、クリームパンにあたっただけだったら良かったのにね・・・(−−;
木曜は私は仕事で行けないこと話したところ妹が行ってくれそうです。二十歳の息子も診察に立ち会ってくれるそうです。正直、母だけだと心配ですので心強いです。^^

今日の検査結果はNaは131でKは5.3でした。家に帰ってニンジンジュースとアーガメイドゼリーを食べて父は寝ました。私も明日から仕事に行かないと大変です。。どうか木曜まで父がまた変になりませんように・・・祈り。

 末期がん、認知症・・・人は今のうち好きなことさせたら?とすぐ言います。確かに看病してる人も本音はそうです。でも、病人は治る!元気になる!!と思って生きているのです。 だから、周りの人間は決して本人より先に諦めちゃいけないと思うのです。。
posted by タケちゃんねる2 at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。